バイアグラの作用が落ち着いたら

射精した後の心がけ

 

バイアグラの作用後の、射精した後の心がけとは
バイアグラで勃起力が高まっても、いざ射精した後は、男性の場合、急速に気力が衰えてしまうものです。
これは、男性のペニスの中の交感神経が、快感を得て射精した後、すぐに副交感神経にスイッチが切り替わることで、すぐに脳内ホルモンが低下してしまうためとされます。
このような働きは、あまり連続して射精してしまうと体に良くないため、身体を守るための作用でもあるようです。
こうした男性の反応は、女性にとっても少しばかり不思議に感じられるようですが、射精した後、急速に気力が衰えてしまい、後は女性の横でグーグー寝てしまう、というのは女性を呆れさせてしまいかねません。
射精した後の心がけとして、まだバイアグラを飲んで間が無く、もう少しいけそう、というのなら、少しばかり休息をとることです。
女性がまだまだ満足していないとしても、女性にも落ち着いてもらい、水分補給をしてもらうなどして一息ついてもらえば、バイアグラのおかげで、次第にペニスも元気を取り戻してくれることでしょう。

バイアグラで何回も可能に

 

射精した後の心がけをわきまえながら、バイアグラで何回も可能に
射精した後、男性は結構疲労感が生じますが、バイアグラは効果が5〜6時間は持続するものなので、水分でも摂って一息つけば、2発目、3発目もすぐに可能となるでしょう。
射精した後の心がけとして、この間は女性にも一息ついてもらい、ゆっくりと会話でも楽しむことです。
まだバイアグラの効果が残っているのなら、1発目の後は、休息も含めて一緒にAVなどを見るのも良いでしょう。
そうすれば、2発目、3発目に向けて、またやる気もわいてきます。
バイアグラを飲んでいるのなら、人によっては、数分でまた元気を取り戻すことも可能なようです。
男性にとっては、少しばかり休息を置きながら何度もセックスを重ねることにより、射精をコントロールしながら、長時間のセックスを繰り返すこともできるようになるでしょう。
同じパターンのセックスでなく、たまには新しい試みも入れながら、新鮮な気持ちになって愛を確かめあうこともできます。

心がけで大切なのは?

 

バイアグラの作用も薄れ、最後の射精した後の心がけで大切なのは?
バイアグラの作用が薄れ始め、そろそろラスト、という頃になれば、男性も射精した後の心がけとして、前もってティッシュを用意しておき、きちんと拭くなどの心遣いをしてあげることです。
女性をほったらかしにして、男性だけが休むのはよくありません。
最後は二人でお風呂に入り、身体をスッキリさせるのも良いでしょう。
コンドームを使用しているのなら、射精後、ペニスを抜き取ったらタオルで押さえ、コンドームもきちんと処理をすることです。
子作りが目的の場合、射精した後はそのまますぐに抜いても構いません。
抜いた後、膣から精液があふれ出してくることもありますが、これは女性の愛液と精液が混ざり合ったもので、軽く拭き取るようにします。
子作りの場合、射精後、枕を腰の下に入れて少し腰を上げた状態で、10分くらい安静にしておくと、精子が子宮にたどり着きやすくなるようです。
子どもが欲しいのなら、射精後すぐにシャワーを浴びたりするのは避け、30分くらいは安静にしたほうが良いみたいです。
射精した後、急速に男性の気力が衰えるのは、女性を安静にして、膣内射精した精液が女性の膣から漏れるのを防ぎ、精子が子宮に入りやすくするため、ともいわれます。
つまり、女性への興味がなくなったのではなく、きちんと妊娠させるための本能によるもの、というわけですね。
ただ、やはり女性はセックスの後も、男性と一緒に過ごしたいものです。
射精した後の心がけで大切なのは、すぐに寝てしまわず、二人で会話や後戯を楽しみ、さらに愛情を深めることです。
セックスは、終わった後もまた、愛を確かめ合うのに大事な時間となるのです。