バイアグラを有効活用しよう

バイアグラを活用するとき

 

排卵日と女性の性欲の関係を知れば、バイアグラの活用のときもわかる?
女性の排卵日と性欲とは関係があるのでしょうか?
この関係がわかれば、女性の性欲が高まるときも把握できるかもしれませんし、こうしたときにバイアグラを積極的に活用したいですね。
女性は排卵期に性欲が高まるといわれますが、これは妊娠しやすくなるためとされます。
排卵期は、性線刺激ホルモンが分泌されることもありますが、排卵痛でつらい場合は、性欲どころではなくなることもあるようです。
最近、外国のある機関の調査によれば、女性の性欲が高まるのは、むしろ生理を終えてから12〜14日目で、排卵前の3日間であることが判明したようです。
女性は、生理の終わる頃から卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌量が増え始め、排卵前に分泌量がピークになりますが、エストロゲンには性欲を増進させる働きもあることから、排卵前に性欲が強くなる、としています。
排卵に合わせて性欲が高まることで、受精もしやすくなる、というわけですね。
また、排卵日を過ぎれば、急激に性欲も低下するとしています。
ただ、女性の声を聞いてみると、実際、排卵日には感じやすくなったり、イキやすくなる、痛みが少なくなる、挿入がスムースになる、という声が結構多いようです。
これは、排卵期は女性的で受胎しやすいように体の状態が整うからかもしれません。

女性の排卵日と性欲の高まり

 

バイアグラは、女性の排卵日と性欲の高まりに応じて、男性も使い方の考慮を
あるところが行った女性に対するアンケート調査によると、女性が性欲を強く感じるときは、生理前、という回答が一番多かったそうです。
次に多かったのは、排卵日周辺と生理が終わったあたりの日、ということだったそうです。
女性の排卵日と性欲については、性欲が高まるかどうかはやはり個人差があるようです。
ただ、男性からすれば、女性は生理が終わったころから排卵日にかけては、肌にツヤやハリが出て、通常より綺麗にみえる時期であることから、女性により魅力を感じることになるようです。
バイアグラを飲みたい気持ちになるときかもしれませんね。
女性からすれば、この時期は副交感神経の働きもよくなることから、気分的にも安定するものです。
逆に、排卵日を過ぎると性欲が急降下し、また便秘やニキビ、ムクミなどに悩まされるようになり、気分もやや沈みがちになります。
排卵日に女性の性欲が高まり、男性もバイアグラで精力を得れば、子どもを授かりたい夫婦にとっては妊娠しやすくなります。
逆に、妊娠を希望しないのなら、女性は生理前の安全日に性欲が増したほうが良いことになります。
男性も、バイアグラをうまく活用し、女性の性欲が高まって欲しいときに、上手に導いてあげるようにすると良いでしょう。

感情もうまくコントロールして

 

女性の排卵日と性欲だけでなく、感情もうまくコントロールしてバイアグラを活用
女性の排卵日と性欲についてある程度理解すれば、感情もうまくコントロールできるようになるかもしれませんね。
女性は生理のリズムにより、体以外に心にも結構大きな影響が生じたりするもの、というわけです。
デートのスケジュールも、少しばかり生理の周期に合わせて立てるようにすると良いかもしれません。
女性の感情にうまく合わせてバイアグラを活用すれば、女性もより満足させやすくなるでしょう。
女性が、本当に性欲が高まるのは閉経直後からともいわれます。
これは、閉経により妊娠の心配がなくなるための安心感からともいわれています。
閉経後に性欲を感じる女性は、ホルモンの分泌も盛んになるため、若々しさや女性らしさも保たれるといわれますが、これは女性の心構え次第ともいえます。
勿論、排卵日や生理日以外、女性個人によってもセックスに対する考え方は異なるものです。
彼女のセックスに対する考え方などもよく理解し、生理日や排卵日と性欲の関係は、あくまで参考程度に考えたほうが良いでしょう。